スペイン語を勉強して世界を知ろう!

スペイン語の語学の重要性は増すかもしれません。

アメリカに住んでいた時、スペイン語が色んなところから聴こえてきました。
店の店員はお互いにスペイン語を話している地域のところもありました。
完全にメキシコ系の店もあって、メキシコにいるような気分になるときもありました。
語学を勉強するにはその国に興味を持っている人は自然に覚えたいという集中力も自然に湧いて覚えも早いと言います。
一時スペイン語圏の歌手のファンだったので、歌の歌詞に興味が湧いて調べたので幾つかの単語は分かります。
ライブコンサートにも何度か行きました。
子どもが小学校へ通っていた頃、スペイン語は最初の頃中学からスタートでしたが、そのうちに小学校一年から科目が入ってきました。
それだけ、だんだん必要性があるという事だと思います。


アメリカは電話で様々な会社のカスタマーサービスに問い合わせると必ずスペイン語か英語かとまず最初に質問をしてきます。
それくらいスペイン語圏の人が住んでいる国だと分かりました。
アメリカはあと数年すると1/4ぐらいがスペイン語圏の人になるというデータもあるようです。
これから語学を勉強するなら、2か国語ぐらいをマスターして置くと就職活動もしやすいかもしれません。趣味として語学を勉強する場合も将来の事を考えた方がやる気が出てきます。

例えば、将来スペイン語圏の国に旅行したいと思っている方もいるかもしれません。現地の言葉が話せると旅行をしても知らないよりはずっと楽しめるものです。

関連サイト情報